教育・研究

本年度の研究

   <研究テーマ>

『遊びや生活の中で深く学ぶ子どもを育む』
~「感じる」・「膨らむ」・「広がる」数の世界を支える保育~

 本園は、教師一人一人が日々の保育を見つめ,園の教育目標の共通理解のもと、自己課題をもって研究に取り組むことが、保育力の向上とともに、質の高い保育につながると考え、実践に取り組んでいます。

 昨年度は,子どもたちの遊びや生活の中であふれている数量や図形等をひとまとめに捉え「数の世界」と表しました。「数の世界」にかかわりのある3年齢に共通した様々な活動の考察から、「感じる」から「広がる」といった関心や感覚が育まれていく過程を探ってきました。中でも積み木や折り紙のように数量・図形を追っていきやすいものに対し、一見するとそれらが分かりにくい砂場遊びにおいても、子どもたちは様々な数の世界にふれて遊んでいること、数の世界には様々な面があることなど分かりました。

 子どもたちは興味や関心から発した直接的で具体的な体験から多くのことを学び、様々な力を獲得していきます。今年度研究を進めていくにあたって、子どもの姿から「数の世界」にかかわる姿に着目し、さらに数の世界にかかわり、深く学ぶ子どもを支える環境の構成と援助を探ろうと、『遊びや生活の中で深く学ぶ子どもを育む~「感じる」・「膨らむ」・「広がる」数の世界を支える保育~』というテーマを設定しました。大学教員のサポートも得ながら全員で課題解決に取り組み、保育力の更なる向上と質の高い保育の実践をめざしています。





このページのトップへ