アンケート調査のお礼と「リカレント研修」募集

 

 平素より大分大学教育学部附属幼稚園へのあたたかいご支援を賜り心より感謝申し上げます。
 さて、附属幼稚園が、微力ながら地域大分県の幼児教育界に貢献させて頂くに当たりまして、平成29年秋、研修ニーズの把握を目的としたアンケート調査を実施いたしました。大分県下の全ての幼児教育関連施設にお願いし、経験年数の浅い先生方を中心に約300名からご回答をお寄せ頂くことができました。ご協力有り難うございました。
 アンケートの結果、経験年数10年未満の先生方の97%が、何らかの悩みや困り、課題を抱えていることがわかりました。またその内容は、特別支援教育、環境の構成、援助のあり方に関するものの順に多かったようです。おそらくは、子どもたちに関わるあらゆる場面で、日々先生方は困りを感じているのでしょう。そして、先生方が求めているのは、より具体的な解決策であろうと想像できました。
 本園は、教員養成系大学の附属園としての実績から、地域貢献としては、研修機能に幾分かのポテンシャルがあると考えています。そこで、来年度より新たに「リカレント研修」を実施することにしました。リカレント研修とは、就職してからも、必要に応じて教育機関に戻り再教育を受けられる循環・反復型の教育システムのことです。(予告のパンフレット→ ここをクリック)
 朝のお迎えの場面から、降園を見送るまでを担任と一緒に過ごして頂き、さりげない「環境」に意図が隠されていることや、ちょっとした「援助」に子ども理解に基づいた教師の願いがあることなどを、感じたり、探ったりして頂きながら、お一人お一人の悩みや困りの解決の一助として頂ければ幸いです。また同時に、質問を受けることによって、本園の担任にとっても自らの保育を見直す契機となることを期待しています。ぜひ一度ご参加ください。
 これからも、幼児教育の重要性を鑑みて、現場で奮闘される皆様のお役に立てるよう、大分大学教育学部附属幼稚園にできることを通して精一杯努力して参りますので、宜しくお願い申し上げます。

大分大学教育学部附属幼稚園

園 長  石 川 照 代



このページのトップへ