令和元年度 現場実習 
TOP PAGE へ戻る


産業現場等における実習
[高1-Ⅱ期、高2-Ⅳ期、高3-Ⅵ期]

 
 高等部では、10月16日(水)~30日(水)の10日間、今年度2回目の産業現場等における実習を実施しました。
1年生7名は、初めての個人実習でした。初日はとても緊張した面持ちできたが、事業所の職員さんに丁寧にご指導をいただき、徐々に緊張も和らいで、安心して実習に取り組む様子が見られました。これまで経験したことのない仕事にも熱心に取り組んだり、休憩時間中には職場の方とのコミュニケーションを楽しんだりすることもできました。
2年生4名は、4回目の実習で、自分に合った作業内容や環境等を選択するための実習でした。また、普段とは違った環境の中で自分の力を試し、今後の課題を確認することができました。
3年生7名は、卒業後の進路を決めるための実習でした。初めての個人実習とは異なる緊張感で実習に臨み、これまでの実習での反省を活かして働く様子や、職場の方と協働しながらも、自分らしく活動している様子が見られました。
実習終了後は、反省会で明らかになった成果や課題を振り返り、今後の目標を決めました。次年度の実習や卒業後の社会生活に向けて、日々の授業や家庭生活の中で課題解決に取り組むことで、希望する進路の実現を目指していきます。
実習を受けていただきました一般企業及び福祉施設の皆様、本校の教育活動にご協力いただき、ありがとうございました。
今後も、生徒たちが地域社会の中で活き活きと活躍できるように、企業や事業所の方々のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い致します。


現場実習(メンテナンス作業)の様子 
     
報告会の様子
     



TOP PAGE へ戻る