平成30年度 大運動会

TOP PAGE へ戻る


5月27日(日)
 当初26日(土)に予定された今年の運動会は、天候の悪化が危惧されたため、翌27日(日)に延期して行われました。
 当日は、天候の心配がない絶好の運動会日和でした。本年度の運動会スローガン「さいごまで ちからいっぱい がんばる運動会」のもと、運動場ではたくさんの笑顔と大きな声援があふれた一日になりました。
  


小学部は、団体競技で「おまかせあれ!大忙しの引っ越しショー」と題して、
タンスやピアノなどの道具を、力を合わせて運びました。
徒競走では、直線のコースをそれぞれが全力で走り抜けました。 
 
 
中学部では、団体競技で「そめあげろ!ウラオモテ!」と題して、
グラウンドに置かれた箱の色を、自分の色にひっくり返す競技をしました。
全員が相手の色の箱を見つけては、協力して、素早くひっくり返していきました。
ダンスでは「ヤングマン」をYMCAの振りをつけて踊りました。
 
  
 高等部では、団体競技で「竹取物語」と題して、竹棒を多く引く競技にがんばりました。
スタートの合図で両チームが勢いよく駆け出す様子は、「さすが高等部!」と思えるものでした。
徒競走でも、それぞれが全力で走る姿に、会場からは大きな声援が送られました。
 
     
全校団体では、玉入れを行いました。
子どもの成長等に応じてグループを分け、それぞれに応じて高さを
3段階に変えることで、全員が玉を入れられるように工夫した競技です。
全員が限られた時間の中で、どんどん玉を入れていきました。
今年は両チームとも球数が同数で、同点引き分けとなりました。
   
     
     運動会では、大勢の卒業生も見えられ、
在校生に声援を送っていました。
また、「大玉転がし」の卒業生競技では、
元気よく大玉を転がしてのハッスルプレーに、
会場が沸きました。
     
    今年は赤白とも接戦で、最後まで勝敗は
分かりませんでしたが、
白組の優勝で幕を閉じました。

  

TOP PAGE へ戻る