平成28年度
公開研究協議会


TOP PAGE へ戻る


7月1日(金)
  平成28年7月1日(金)に、本校の公開研究協議会が行われました。
当日は、全体会、公開授業と分科会協議、講演を行い、70名近い方々にご参加いただきました。
 全体会、分科会では、今年度の本校の研究の取組についてご紹介し、公開授業では、授業構想チェックシートを活用し、『意欲』に焦点をあてた授業づくりを参観していただきました。
 分科会では、小学部分科会に、後藤邦崇氏(大分県教育センター指導主事)、衛藤裕司氏(大分大学教育学部准教授)、中学部分科会に舟越宜之氏(大分県教育庁特別支援教育課指導主事)、藤野陽生氏(大分大学教育学研究科講師)、高等部情報交換会に、田中新正氏(大分大学教育学部特任教授)がご参加くださり、意欲的な姿の設定の在り方、評価の方法、意欲的な姿を引き出す要素の整理について等の指導・助言をいただきました。
 講演は、横浜国立大学教授 渡部匡隆先生を講師にお招きし、『自ら取り組む力を高める授業の工夫−応用行動分析の視点から−』と題して、ご講演いただきました。行動を理解するためのABC分析、対話的な学びを高める視点など、演習を交えながらお話してくださいました。参加者からは、「効果的なプロンプト(行動を引き出すヒント)の考え方がわかった」「今後の指導に役立てたい」等のご感想が寄せられました。
渡部先生、舟越先生、後藤先生、田中先生、衛藤先生、藤野先生、ご参会いただいた皆様、誠にありがとうございました。
  


 《公開授業 中学部 国語》   《 小学部 分科会》 
     
 
《高等部 情報交換会》   《講演会 講師 渡部匡髏謳カ》
     
   
     

TOP PAGE へ戻る