平成28年度 学習発表会 

平成28年11月26日
TOP PAGE へ戻る

平成28年度の学習発表会を開催しました。
 
 小学部の劇は『桃子とゆかいななかまたち』『ピーチ姫をすくえ!』の2つの物語をしました。一人ひとりが見せ場で練習の成果を発揮して活躍することができました。
 音楽発表は器楽、歌唱・身体表現「よろこびのうた」でした。たくさんの楽器の音色と大きな歌声が会場に響きました。最後は小学部全員の「メリークリスマス!」の元気なかけ声で季節を感じる演奏をすることができました。 
 
     
 中学部の音楽は、『手と手をつなごう』を歌いました。友だちと手をつないでハンドプレイを交えて、聴いている人があたたかい気持ちになれるよう歌いました。合奏は『テキーラ』をしました。リズムに乗って陽気で楽しい演奏をすることができました。最後に声を合わせて「テキーラ!」のかけ声で締めくくりました。
 劇は、『みんな、今、何してる?〜その後の日本昔話〜』をしました。「大きな声や動作をして、お客さんが笑顔になって、拍手をもらえるようなすばらしい劇をしよう」というテーマのもと、練習に励み、全員が役になりきり、笑いあり涙なしの劇をすることができました。
   
 
     
 高等部の劇は、『附特版 里見八犬伝』でした。「協力することの大切さ」をテーマに、練習をしてきたことを存分に発揮して、本番は全員の力を合わせて劇を完成することができました。
 音楽は、合唱『 大切なもの 』、器楽『アフリカンシンフォニー』『附養太鼓』をしました。『大切なもの』は「大切なものは何ですか?」をテーマに、自分の大切なものを思いながら歌いました。器楽『アフリカンシンフォニー』『附養太鼓』では、竹太鼓と和太鼓の迫力ある勇壮な音とキーボードのコラボレーションが体育館中に響きわたりました。  
 
     
 お越しいただきました保護者の方々、地域の皆様、あたたかなご声援、誠にありがとうございました。 
     
  
     
     

TOP PAGE へ戻る