TOP PAGE へ戻る

学 校 経 営 方 針


求められているもの
(1) 地域教育への貢献
地域の先進的・先導的なモデル校として、大分県教育委員会と連携して実践し、情報を発信する。
(小中連携の強化)
(2) 教育実習生への指導
学生の教育実習を計画し、直接その指導に当たる。
(3) 大学への協力
学部教員と協力し、教育理論と実践の往還を通した実証的な研究を行う。
学校教育目標
 一人一人の人権が尊重された平和な国際社会を創造する
 人間としての資質の向上を目指し、社会の一員としての豊かな人間性や普遍的な知性を育み、
 自らを鍛えることのできる強い意志や体力を養う。
重点方針
「グローバル社会を生ききる力」を身につけた子どもの育成
重点目標
(1) 子どもの力と意欲の向上に向けた「芯の通った学校組織」活用プランの具現化
@指導教諭を中心にした持続的・発展的な授業改善の日常化(切磋琢磨)
A主幹教諭を中心とした主任制度の機能化
Bチーム支援を活用した組織的ないじめ・不登校対応
(2) 大分県グローバル人材育成プランの具現化
@学びに向かう力の育成(主体性を持って多様な人々と協働する態度)
A英語力の向上
B思考力・判断力・表現力の育成
重点的取組
(1) 山口大学教育学部附属小学校の実践をモデルとした授業力改善システムの開発・実施
(2) @無言清掃、フリートーク、気持ちのよいあいさつ・返事、いいとこ見つけ、一人仕事等
Aオールイングリッシュ授業(5・6年生)の充実を図るモジュール授業の実施
B総合的な学習の時間を核にしたカリキュラムの開発・実践


TOP PAGE へ戻る
Copyright (C) Elementary School attached to Faculty of Education and Welfare Science, Oita University
大分大学教育福祉科学部附属小学校 
〒870-0819 大分県大分市王子新町1-1 TEL 097-543-6732 / FAX 097-545-4721