大学院…大分大学大学院教育学研究科教科教育専攻家政教育専修(食物学)

学 部…大分大学教育福祉科学部人間福祉科学課程生活環境福祉コース(生活分野)

非常勤…専門学校にて「栄養学」等を担当


<教育>
 平成11年度より大分大学教育学部は改組され,教育福祉科学部として新たな出発をすることになりました。私たちが追求する「福祉」とは弱者や障害者に手をさしのべるといったいわゆる「狭い意味での福祉」ではなく,健常者も弱者も障害者も誰もが快適に生活できる環境を追求する「広い概念での福祉」です。最近はこのような考え方も徐々に理解されるようになってきたように思います。誰もが健康・快適で,楽しく,そして環境にやさしい食生活はどのようなものであるかを学生とともに考えていきたいと思っています。

<プロフィール>
1958年1月 愛知県名古屋市生まれ
1982年3月 名古屋大学大学院農学研究科博士課程(前期課程)農芸化学専攻 修了
1982年4月 株式会社 中埜酢店 入社
1988年4月 同社 退社
      大分大学教育学部着任
1993年1月 農学博士(名古屋大学)
2003年4月 大分大学教育福祉科学部教授

<2008年のつぶやき>
 一昨年から進めてきたプロジェクトが終わり、一息入れることができました。その前の4年間もプロジェクトを任されていて、合計6年間、なれない仕事で精神的にもハードでした。しかし、まわりの多くの人たちに助けられて、目標を完全に達成することはできなかったものの、得るものは多かったように思います。この経験を活かしてさらに産官学の連携を深め、少しでも役に立てるような仕事を続けていきたいと思っています。けれども、ちょっとペースダウンをしてエネルギーをチャージしたいという気持ちもあります。緊張感はそう長く続くものではありません。これまでと同じように仕事を進めていったら、どこかで倒れてしまうような気がするのです。甘い考えだとお叱りを受けるかもしれませんが、自分の人生というものをよく考えて、人生の中での仕事の位置づけをもう少し明確にしたいと思っています。幸運なことに、今年は講義の数も少なく、今のところ、研究も大きなものがないので、人生を考える時間を持つことができるかもしれません。今までは仕事に追われる毎日でしたが、これからは仕事を追いかけて、かつ丁寧に、じっくりと進めていきたいと思います。しかし体のいろいろな能力の低下が気になります。眼は老眼は大丈夫なのですが、乱視がひどく、夜、車の運転をするのが怖くなってきました。記憶力も低下。話もなめらかにできず、ことばに詰まることもしばしばあるようになり、まどろっこしいことばかりです。しかしこれはなんとも仕方のないことで、このことをしっかり受け入れていかなければなりません。

<趣味など>

1.国内旅行
 昨年までは海外旅行だったのですが、最近はご無沙汰で、ちょっと興味も薄れてきました。代わって国内旅行です。あてもなく列車に乗って風景を楽しむ。遠いところに行って、珍しいものを食べ、景色を楽しむといったオーソドックスな旅行にシフトしています。20歳代の頃、あてもなく列車に乗るのが大好きで、あちこちでかけていました。その時の旅行の再来です。はまっているのが北海道。縁あって、次男坊が北海道にいるので、ときどき彼のアパートを根城にしてぶらぶらと歩き回る小旅行を楽しんでいます。

2.野球観戦
 1年半ほど前に液晶テレビを買ったら、衛星放送が見られるようになりました。衛星放送では毎日のようにプロ野球の中継をやっていて、これを見るのが楽しみになってしまいました。ビールやお酒を飲みながら、のんびりと試合を見るのは、一日の疲れを癒すのに最適です。でも、なんだかもったいない時間を過ごしているような気もします。スタジアムにも足を運びたいのですが、なかなかチャンスがないのが玉に瑕。今年も中日ドラゴンズが強いぞ!何と言っても名古屋育ちですからね。それからソフトバンクホークスも。

3.酒
 ワインにはまり出しました。これは奥が深すぎて、とてもきわめることなどできないのですが、昨年秋、自宅の近くにワインの角打ちをさせるお店がオープンしたので、毎週通っています。毎週火曜日に新しいワインが3種類並びます。その中から気に入ったものをテイスティングするのが楽しみです。店長が親しくしてくれて、注文したワインを一緒に飲みながら、香りや味について会話をするのも楽しみの一つです。以前から、味や香りを言葉で伝えるにはどうしたらよいかということを考えていましたが、同じものを味わって、それを言葉で表現し、共通理解ができたときにうれしさを感じます。それから日本酒もおもしろい。こちらはワインより少し分かりやすいので、もっぱら家で楽しんでいます。一時期はまっていた焼酎はちょっと飽きたかな。とか言いながら、我が家の酒の量は増えるばかり。珍しいものを見ると、ついつい買ってしまいます。全体的に飲む量が減ったので、余計にお酒が蓄積します。

4.競艇と競輪
 これを怪しいと思う人は一度レース場に足を運んでみてください。その楽しさが分かるから。でもこれで一山当てようと思って行ったらダメです。これって何となく釣りに似ているんですよね。こんなこと考える人はいないでしょうけれど。というのは,レースとレースに間があるんです。魚が糸を引くのを待っている感覚です。レースを待つこの「間」がよいのです。文庫本を持っていって、「間」に読んだり、ボーッと外を見つめたり,オッズを見たり。そしてこれはと思うものに投票する。そしてレースが始まると心が躍ります。予想が的中するとうれしく,配当が高額になると心が舞い上がり,はずれると悔しくってたまりません。これは魚が釣れたとき,逃がしたときの感覚と同じです。一日遊ぶことを考えるとこんなに安く楽しいものはありません。競艇だと福岡か若松まで行かないと見られないのが玉に瑕ですが,別府には競輪があります。競艇と競輪は同じようでレースの展開がまったく違います。その比較がまたおもしろい。競艇は最初のコーナーを回ったところでほぼ勝負がつきますが、競輪は最後の最後までどうなるかわかりません。どちらもおもしろい。

5.ボウリング
 衛星放送でボウリングの番組をやっているので、毎回欠かさず見ています。思い起こせば、中学生の頃、相当ボウリングにはまって、毎週父親と一緒に出かけていった覚えがあります。ここしばらくの間、年に1度やるかやらないかといった状況でしたが、テレビを見ていると、自分もストライクがいっぱい出そうな錯覚に陥って、ボウリング場に足を運びます。しかしいつも結果は無残。スコアは2ゲームやってようやく女子プロボウラーの1ゲーム分くらいのものです。それでもさすがは昔とった杵柄。理屈だけは負けません。テレビでやる試合の解説くらいはできますよ。自分が投げる時も、理屈通りに投げられた時には、ストライク、スペアが出ますが、理屈通りにいかないとこれがダメ。要は安定した投球ができていないっていうことです。これから練習して安定した投球ができるようになればもっともっと楽しめそうです。少しは運動にもなります。

6.体重の話
 2002年8月22日より始めた減量が成功して2008年4月で5年以上経ちましたが,約17kg減った体重をキープしています。それどころか、2月に風邪を引いてからまた痩せて、一時、BMIが18.5を切ってしまいました。ついに「痩せ」のカテゴリーです。その後少し持ち直しましたが、去年より痩せました。しかし、体が悪いわけではないことは、昨年の念入りな健康診断で証明済み。筋力が落ちて重いものがもてなくなったこと以外は元気です。体が軽いと気持ちいいですよ。

**************************************************
望 月  聡 〒870-1192 大分市旦野原700番地  
大分大学教育福祉科学部 人間福祉科学課程     
生活環境福祉コース  食物学研究室
Phone & Fax 097-554-7598
E-mail:smochi@cc.oita-u.ac.jp
URL:http://kitchom.ed.oita-u.ac.jp/~diet/
**************************************************






2008.4.1
トップページへ
研究メンバー&卒業生の行方へ
もっちぃのコーナー