研究業績


平成26年度

《論文》

@T.Chijimatsu, M.Umeki, S.Kobayashi, Y.Kataoka, K.Yamada, H.Oda, and S.Mochizuki : Dietary freshwater clam (Corbicula fluminea) extract supresses accumulation of gepatic lipids and increases in serum cholesterol and aminotransferase activities induced by chloretone in rats. Biosci. Biotechnol. Biochme., 61, 6304-6310 (2015)

《学会発表》

@安 美珠,梅木美樹,松本知大,外薗英樹,望月 聡,小田裕昭:発酵大麦エキスによる高ショ糖食誘導脂肪肝の改善作用の統合オミックス解析 第68回日本栄養・食糧学会大会 2014.5

A梅木美樹,千々松武司,安 美珠,片岡裕太郎,小林 悟,山田耕史,小田裕昭,望月 聡:シジミ抽出物中脂質およびタンパク質はクロレトン誘導脂肪性肝炎を抑制する 第68回日本栄養・食糧学会大会 2014.5

B宮島詩織,信岡かおる,望月 聡,石川雄一:生活習慣病の予防を意識した大分産の梨・ユズ・カボス果皮の抗酸化特性の評価 第51回化学関連支部合同九州大会 2014.6

C宮島詩織,信岡かおる,但馬沙樹,望月 聡,梅木美樹,長谷部建美,石川雄一:抗アレルギー能を持つユズ果皮が脂肪肝モデルラットに与える影響 日本化学会秋季事業 第4回CSJ化学フェスタ2014 2014.10

D宮島詩織,信岡かおる,但馬沙樹,望月 聡,梅木美樹,石川雄一:ユズ果皮抽出物が高ショ糖食誘発脂肪肝モデルラットに及ぼす影響 日本農芸化学会2015年度大会 2015.3



平成25年度

《論文》

@ K.Sato, Y.Egashira, S.Ono, S.Mochizuki, Y.Shimmura, Y.Suzuki, M.Nagata, K.Hashimoto, T.Kiyono, E.Y.Park, Y.Nakamura, M.Itabashi, Y.Sakata, S.Furuta, and H.Sanada : Identification of a Hepatoprotective Peptide in Wheat Gluten Hydrolysate against D-Galactosamine-Induced Acute Hepatitis in Rats. J. of Agricultural and Food Chemistry 61, 6304-6310 (2013)

A二枚貝、特にシジミの機能性因子に関する研究:千々松武司、山田耕史、小田裕昭、望月 聡 New Food Industry 55, (8) 23-31 (2013)

《学会発表》

@E.Susanto, S.Mochizuki, M.Abe, M.Hosokawa, and K.Miyashita:Effect of harvesting areas on total lipids, fucoxanthin and fatty acids contents in Brown Algae Sargassum horneri and Ecklonia kurome 平成25年度日本水産学会春季大会 2013.3

A望月 聡,梅木美樹,廣瀬正純,松尾洋介,田中 隆,河野 功:D−ガラクトサミンによって誘発されたラットの肝障害に対するかんきつ類種子の影響 第67回日本栄養・食糧学会大会 2013.5

B梅木美樹,岩ア美幸,安 美珠,松本知大,小田裕昭,外薗英樹,望月 聡:発酵大麦エキスの高ショ糖食誘導脂肪肝の抑制効果とその作用機構 第67回日本栄養・食糧学会大会 2013.5

C外薗英樹,梅木美樹,阿部ちとせ,松本知大,小田裕昭,望月 聡:高ショ糖食ならびに高果糖食誘導脂肪肝に対する発酵大麦エキスの抑制効果 第67回日本栄養・食糧学会大会 2013.5

D千々松武司,梅木美樹,望月 聡:タイワンシジミ抽出物は脂肪、コレステロールおよび鉄負荷食により誘導される脂肪肝および肝障害を抑制する 第67回日本栄養・食糧学会大会 2013.5

E望月 聡,梅木美樹,若森友紀奈,望月美左子:おかわかめの成分と機能性の評価 日本家政学会九州支部第60回大会 2013.9

F望月 聡:ブランド魚のおいしさの科学的根拠−「関さば」の特徴について 平成25年度日本水産学会九州支部例会・シンポジウム 2013.12

平成24年度

《論文》

@T.Chijimatsu, M.Umeki, Y.Kataoka, S.Kobayashi, K.Yamada, H.Oda, and S.Mochizuki : Lipid components prepared from a freshwater Clam (Corbicula fluminea) extract ameliorate in hypercholesterolaema in rats fed high-cholesterol diet. Food Chem., 136, 328-334 (2013)

AT.Laurent, Y.Okuda, T.Chijimatsu, M.Umeki, S.Kobayashi, Y.Kataoka, I.Tatsuguchi, S.Mochizuki, and H.Oda : Freshwater Clam Extract Ameliorates Triglyceride and Cholesterol Metabolism through the Expression of Genes Involved in Hepatic Lipogenesis and Cholesterol Degradation in Rats. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, 2013, Article ID 830684 10 pages (2013)

《学会発表》

@梅木美樹,岩ア美幸,松本知大,小田裕昭, 外薗英樹,望月 聡:発酵大麦エキスがラットの肝臓脂質に及ぼす影響 第66回日本栄養・食糧学会大会 2012.5

A望月 聡,梅木美樹,外薗英樹:発酵大麦エキスの脂肪肝抑制効果 第66回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会 2012.9

平成23年度

《学会発表》

@梅木美樹,吉良朋恵,松本知大,小田裕昭,外薗英樹,望月 聡:高ショ糖食投与ラットにおける発酵大麦エキスの脂肪肝抑制効果 第65回日本栄養・食糧学会大会 2011.5

A小林 悟,トマローラン,片岡裕太郎,梅木美樹,千々松武司,山田耕史,望月 聡,小田裕昭:タイワンシジミ抽出物による脂質代謝改善機構と機能性成分に関するトランスクリプトミクス解析 第65回日本栄養・食糧学会大会 2011.5


平成22年度

《著書》

@望月 聡:21世紀を健康に生きるための食生活 <新版 現代の栄養化学> (柳田晃良,福田亘博,池田郁男 編) 三共出版(東京)(2010)..


《論文》

@T.Chijimatsu, M.Umeki, Y.Okuda, K.Yamada, H.Oda, and S.Mochizuki : The fat and protein fractions of fresh water clam (Corbicula fluminea) extract reduce serum cholesterol and enhance bile acid biosynthesis and sterol excretion in hypercholesterolaemic rats fed a high-cholesterol diet. Br. J. Nutr., 105, 526-534 (2011).

《学会発表》

@梅木美樹,千々松武司,片岡裕太郎,小林 悟,山田耕史, 小田裕昭, 望月 聡:タイワンシジミ由来脂質からのコレステロール低下作用成分の探索 第64回日本栄養・食糧学会大会 2010.5

A梅木美樹,大塚麻葵,中脇幸美,利光美保,大谷奈津希,外薗英樹,望月 聡:大麦糠タンパク質の成分的特徴とラットの生体に及ぼす影響 第64回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会 2010.9

B小手川 勤,堤 貴美子,今井浩光,大橋京一,望月 聡,山本展久,広瀬正純,後藤賢二,高野悦子,高野 済:カボス果汁の血小板凝集および血液凝固系に及ぼす影響 第63回日本薬理学会西南部会 2010.11

C山口真澄,山田耕史,河野 功,千々松武司,梅木美樹,小田裕昭,望月 聡:タイワンシジミ由来のコレステロール低下活性画分の成分研究 第27回日本薬学会九州支部大会 2010.12

D望月 聡,梅木美樹,広瀬正純,松尾洋介,田中 隆,河野 功:D−ガラクトサミン誘発肝障害モデルラットにおよぼすカボス種子の影響 日本農芸化学会2011年度大会 2011.3

E千々松武司,梅木美樹,片岡裕太郎,小林 悟,山田耕史,小田裕昭,望月 聡:脂肪性肝炎に対するシジミ抽出物中脂質及びタンパク質の影響 日本農芸化学会2011年度大会 2011.3

F松尾洋介,田中 隆,梅木美樹,望月 聡,廣瀬正純,河野 功:カボス種子に含まれる肝障害予防効果成分 日本薬学会第131年会(静岡) 2011.3


平成21年度

《論文》

@T.Chijimatsu, I.Tatsuguchi, H.Oda, and S. Mochizuki : A freshwater clam (Corbicula fluminea) extract reduces cholesterol level and hepatic lipids in normal rats and xenobiotics-induced hypercholesterolemic rats. J. Agric. Food Chem., 57, 3108-3112 (2009).

A木下美千代,望月 聡:東九州短期大学学生の「食」に関する意識調査 東九州短期大学研究紀要 13, 67-78 (2010).

《学会発表》

@千々松武司,梅木美樹,奥田祐司,小田裕昭,望月 聡:タイワンシジミ抽出物の脂質およびタンパク質による外因性高コレステロール血症改善効果 第63回日本栄養・食糧学会大会 2009.5

A梅木美樹,桑原美奈,外村優季,福丸優子,廣瀬正純,香嶋章子,望月 聡:カボス搾汁残渣が高コレステロールモデルラットの血清および肝臓脂質濃度に及ぼす影響 2009年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部 および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会 2009.10

BT.LAURENT, Y.Okuda, I.Tatsuguchi, T.Chijimatsu, S.Mochizuki, H.Oda : Freshwater clam extract exerts a hypocholesterolemic effect through changes in multiple gene expressions of hepatic lipogenesis and bile acid synthesis in rats. 日本農芸化学会2010年度大会 2010.3

C望月 聡,千々松武司,佐藤健司,秋澤俊史:タイワンシジミ抽出物の肝障害予防効果 平成22年度日本水産学会春季大会 2010.3

平成20年度

《論文》

@T.Chijimatsu, I.Tatsuguchi, K.Abe, H.Oda, and S. Mochizuki : A freshwater clam (Corbicula fluminea) extract improves cholesterol metabolism in rats fed on a high-cholesterol diet. Biosci. Biotechnol. Biochem., 72, 2566-2571 (2008).

A加賀裕子,軸丸勇士,久保加津代,望月 聡,橋口泰宣,田代 恵,中崎眞由美:小学校における食育の実態把握と授業実践の試み 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター研究紀要 26, 55-68 (2008).

《学会発表》

@竹嶋直樹,外薗英樹,高下秀春,大森俊郎,望月 聡,梅木美樹:大麦焼酎粕の高度利用 産学連携学会第6回大会 2008.6

A外薗英樹,望月 聡,梅木美樹,龍口 巌,小田裕昭,大森俊郎:発酵大麦残渣がラットのコレステロール代謝に及ぼす影響 第62回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会 2008.11 

B梅木美樹,野本沙織,福島直美,牟田倫子,廣瀬正純,望月 聡:カボス果実各部位がラットの生体に及ぼす影響 第62回日本・栄養食糧学会九州・沖縄支部大会 2008.11

C望月 聡,梅木美樹,大谷奈津希,利光美保,外薗英樹,大森俊郎:大麦油がラットの血清及び肝臓脂質濃度に及ぼす影響 第62回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会 2008.11


平成19年度

《著書》

@望月 聡:日本の伝統食品事典 (日本伝統食品研究会 編) 朝倉書店(東京)(2007).

《論文》

@千々松武司,山田亜希子,宮木寛子,吉永智子,村田夏紀,秦 政博,阿部和明,小田裕昭,望月 聡:タイワンシジミ抽出物がラットの肝機能に及ぼす影響 日本食品科学工学会誌 55, 63-68 (2008). 

AT.Mizote, N.Ishikawa, E.Hitomi, N.Takano, N.Yamamoto, and S.Mochizuki : Herbtaxis of Helicobacter pylori and effects of herbs on its behavior. 山口県立大学看護栄養学部紀要 1, 16-22 (2008).

《学会発表》

@人見英里,平野成子,上野洋子,山本展久,高野 済,望月 聡:大分県産ハーブの消化酵素阻害作用 第61回日本栄養・食糧学会大会 2007.5

A千々松武司,龍口 巌,秦 政博,阿部和明,小田裕昭,望月 聡:タイワンシジミ抽出物が高コレステロール食を与えたラットのコレステロール代謝に及ぼす影響 第61回日本栄養・食糧学会大会 2007.5

B梅木美樹,川里浩明,安田愛子,古屋マミ,外薗英樹,大森敏郎,望月 聡:大麦焼酎の製造工程における大麦の形態ならびに成分変化 第12回日本食物繊維学会学術集会 2007.11

C望月 聡,梅木美樹,龍口 巌,小田裕昭,外薗英樹,大森俊郎:発酵大麦残渣がラットのコレステロール代謝に及ぼす影響 日本農芸化学会2008年度大会 2008.3

平成18年度

《著書》

@望月 聡:21世紀を健康に生きるための食生活 <現代の栄養化学> (柳田晃良,福田亘博,池田郁男 編) 三共出版(東京)(2006).

《論文》

@K.Sakai, K. Oue, M. Umeki, M. Mori, M. Kuribayashi, and S. Mochizuki : Species-specific FISH analysis of cecal microflora in rats administered with lactic acid bacteria. World J. of Microbiol. and Biotech., 22, 493-499 (2006).

A高松伸枝,藤岡朋子,渡邉紀子,富士野典子,望月 聡:愛媛県宇和島市の「じゃこてん」について 伝統食品の研究 31, 29-33(2007).

《学会発表》

@那賀亜由美,栗林真理,梅村周作,森 正嗣,酒井謙二,望月 聡:未利用バイオマスの変換に有用な好熱性微生物の集積分離とプロバイオティクス機能の検討 第58回日本生物工学会大会 2006.9

A千々松武司,吉永智子,村田夏紀,龍口 巌,秦 政博,阿部和明,小田裕昭,望月 聡:タイワンシジミ抽出物が肝機能に及ぼす影響−肝臓に及ぼす影響のスクリーニング− 平成18年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会 2006.9

BT.Chijimatsu, I.Tatsuguchi, M. Kuwahara, Y.Tomura, Y.Fukumaru, M.Hata, K.Abe, H.Oda, and S.Mochizuki : Effect of Freshwater Clam (Corbicula fluminea) Extract on Cholesterol Metabolism in Rats Fed a High-cholesterol Diet Worldnutra 2006 Reno 2006.11

C千々松武司,龍口 巌,秦 政博,阿部和明,小田裕昭,望月 聡:タイワンシジミ抽出物がクロレトン添加食を与えたラットのコレステロール代謝に及ぼす影響 日本農芸化学会2007年度大会 2007.3

平成17年度

《論文》

@望月 聡:大分県産養殖ブリの鮮度保持の取り組み 養殖 42, 26-28 (2005).

A望月 聡,宮本安紀子,萩原美和子,安松紀子,若林理絵,外薗英樹,竹嶋直樹,大森俊郎:酒類製造副生物が オロチン酸を投与したラットの脂肪肝に及ぼす影響 大分大学教育福祉科学部研究紀要 27, 197-206 (2005).

BM.Umeki, K.Oue, M.Mori, S.Mochizuki, and K.Sakai : Fluorescent In Situ hybridization analysis of cecal microflora in rats simultaneouly administrated Lactobacillusu rhamnosus KY-3 and cellobiose. Food Sci. and Tech. Res, 11, 168-170 (2005).

C梅木美樹,野本沙織,宇多明日美,児玉 望,廣瀬正純,望月 聡:カボス搾汁残渣がラットの血清および肝臓脂質に及ぼす影響 日本食物繊維学会誌 9, 9-16 (2005).

《学会発表》

@梅木美樹,野本沙織,宇多明日美,児玉 望,廣瀬正純,望月 聡:カボス搾汁残渣がラットの脂質代謝に及ぼす影響 第59回日本栄養・食糧学会大会 2005.5

A人見英里,山田アラレ,角橋明美,山本治城,山本展久,高野 済,望月 聡:肝解毒酵素を誘導するハーブ類の検索 第59回日本栄養・食糧学会大会 2005.5

B人見英里,石丸洋子,日吉恵美子,角橋明美,安藤真美,山本展久,高野 済,望月 聡:食品に対するハーブの抗酸化性 日本家政学会第57回大会 2005.5

C栗林真理,那賀あゆみ,梅村周作,岩見裕子,森 正嗣,梅木美樹,望月 聡,酒井謙二:生ごみ発酵物から分離された好温好気性細菌のプロバイオティクス機能 平成17年度日本生物工学会大会 2005.11

平成16年度

《著書》

@望月 聡:ハーブと健康 <食 Up to Date> (松田 覚 編) 金芳堂(京都)(2005).

《論文》

@高松伸枝,樋田宣英,望月 聡:漁獲時期の異なる天然・養殖鮎を用いた鮎うるかの熟成に伴う遊離アミノ酸量の変化 伝統食品の研究 27, 34-39 (2004).

AY.Shigemura, M.Ando, K.Oishi, S.Mochizuki, Y.Tsukamasa, Y.Makinodan, and T.Kawai : Effect of inhabited sea area on chub mackerel meat texture and possible degradation of type V collagen during chilled storage. Fisheries Science 70, 933-935 (2004).

BE.Hitomi, A.Yamada, A.Kadobashi, N.Yamamoto, N.Takano, and S.Mochizuki : Induction of glutathione S-transferase activity by extracts from 75 herbs cultivated in Japan. ITE Letters, 5, 496-502 (2004).

CM.Umeki, K.Oue, S.Mochizuki, Y.Shirai, and K.Sakai : Effect of Lactobacillus KY-3 and cellobiose as synbiotics on lipid metabolism in rats. J.Nutr.Sci.Vitaminol., 50, 330-334 (2004).

D望月 聡,宮本安紀子,大神彩子,甲斐千晴,大島孝平,田中寿一,外薗英樹,竹嶋直樹,大森俊郎:ラットのD−ガラクトサミン誘発肝障害に及ぼす大麦焼酎粕の影響 日本醸造学会誌 100, 135-140 (2005).

《学会発表》

@人見英里,山本展久,石丸洋子,日吉恵美子,安藤真美,高野 済,上野洋子,望月 聡:大分県産ハーブの抗酸化性 第58回日本栄養・食糧学会大会 2004.5

A望月 聡:水産ブランド品「関アジ・関サバ」の高品質の秘密 (独)水産大学校シンポジウム<水産伝統食品から先端技術を活用した新しい水産食品へ> 2004.9

B望月 聡:関サバのブランド化 平成16年度日本水産学会中国四国・近畿両支部合同大会シンポジウム<中四国・近畿における水産物利用の現状と高付加価値化の試み> 2004.9

C佐藤健司,望月 聡:即殺および苦悶死させたマサバ筋肉のゼラチンザイモグラフィー解析 平成16年度日本水産学会中国四国・近畿両支部合同大会 2004.9

DS.Mochizuki, Y.Ueno, S.Nomoto, N.Yamamoto, H.Takano, and E.Hitomi : Effect of 75 herbs cultivated in Japan on platelet aggregation Worldnutra 2004 San Francisco 2004.11

E梅木美樹,野本沙織,宇多明日美,児玉 望,望月 聡,外薗英樹,大森俊郎:大麦焼酎粕の特性と栄養評価 平成16年度日本栄養・食糧学会西日本支部大会 2004.11


平成15年度

《論文》

@安藤正史,望月 聡:魚のしめ方がその品質に与える影響について 日本調理科学会誌 36, 184-187 (2003).

A望月 聡,梅木美樹,酒井謙二,白井義人:生ゴミからポリ乳酸を製造するプロセスで生成するLactobacillus sp. KY-3 菌体がラットの脂質代謝に及ぼす影響 大分大学教育福祉科学研究紀要 25, 161-167 (2003).

BH.Ogawa and S.Mochizuki : Hypocholesterolemic effects of an ethanol precipitate of Kabosu juice in stroke-prone spontaneously hypertensive rats fed a cholesterol-free diet Clin.Exp.Pharm.Physiol., 30, 532-536 (2003).

C望月 聡:関アジ・関サバを化学する 瀬戸内海 No.35 ,18-21 (2003).

DN.Yamamoto, S.Mizue, S.Eto, N.Takano, E.Hitomi, and S.Mochizuki : The antioxidative properties of fresh herbs cultivated in Japan. ITE Letters, 4, 148-153 (2003).

E梅木美樹,安東史子,岩橋妙子,外薗英樹,林  圭,大森俊郎,望月 聡:発酵大麦ファイバーがラットの肝臓脂質蓄積に及ぼす影響 日本食物繊維研究会誌 7, 81-88 (2003).

《学会発表》

@梅木美樹,大上和敏,酒井謙二,望月 聡,吉宗一晃,森口充瞭,白井義人:Lactobacillus rhamnosus及び食物繊維を同時に投与したラットにおける脂質代謝と盲腸内微生物活性の関連 日本農芸化学会2003年度大会 2003.4

A大上和敏,梅木美樹,森 正嗣,酒井謙二,吉宗一晃,森口充瞭,望月 聡,白井義人:FISH法による乳酸菌投与ラットの盲腸内容物の菌叢解析 日本農芸化学会2003年度大会 2003.4

B矢部雄一,佐藤健司,望月 聡,中村考志,大槻耕三:加圧加熱(120℃)によるタンパク質(SPI)の変化 第57回日本栄養・食糧学会大会 2003.5

C望月 聡:関アジ・関サバを科学する 瀬戸内海フォーラムin 大分 2003.8

D望月 聡,宮木寛子,山田亜希子,千々松武司,秦 政博:台湾産シジミ抽出物がラットの肝機能に及ぼす影響 平成15年度日本栄養・食糧学会西日本支部大会 2003.9

ES.Mochizuki, N.Yamamoto, N.Takano, and E.Hitomi : Antioxidant activities of several herbs cultivated in Japan Worldnutra 2003 LasVegas 2003.9

平成14年度

《論文》

@K.Sato, S.Uratsuji, M.Sato, S.Mochizuki, Y.Shigemura, M.Ando, Y.Nakamura, and K.Ohtsuki : Effect of Slaughter method on degradation of intramuscular type V collagen during short-time chlled storage of chub mackerel Scomber japonicus J.Food Biochem., 26, 415-429 (2002).

AM.Ando, K.Oishi, S.Mochizuki, Y.Tsukamasa, and Y.Makinodan : Effect of inhabited sea area on meat firmness and its post-mortem change in chub mackerel during chilled storage Fisheries Science 68, 1337-1343 (2002).

B安藤正史,大石恵司,岡田空太,望月 聡,山元 正,山根昭彦,塚正泰之,牧之段保夫:氷温貯蔵によるマサバ筋肉の軟化現象の遅延効果 氷温科学 5, 8-14 (2002).

C望月 聡,梅木美樹,森 正嗣,中村仁計,酒井謙二:高温好気発酵による廃棄養殖魚の家畜飼料としての有効利用の可能性 大分大学教育福祉科学研究紀要 24, 185-191 (2002).

D望月 聡,梅木美樹,酒井謙二,白井義人:生ゴミからポリ乳酸を製造するプロセスで生成する副産物の飼料としての有用性 大分大学教育福祉科学研究紀要 24, 367-373 (2002).

E望月 聡,安東史子,岩橋妙子,朝来壮一:ラットの脂質代謝に対するカボスオイルの影響 大分大学教育福祉科学研究紀要 24, 375-380 (2002).

F山本展久,水江智子,佐野一成,高野 済,宮本安紀子,上野洋子,工藤恭子,望月 聡:大分県産フレッシュハーブの特性把握およびその機能性に関する研究−ハーブ類の一般成分およびミネラル成分について− 大分県産業科学技術センター平成13年度研究報告 pp.140-143 (2001).

G山本展久,水江智子,佐野一成,高野 済,宮本安紀子,上野洋子,工藤恭子,望月 聡:大分県産フレッシュハーブの特性把握およびその機能性に関する研究−ハーブ類の抗酸化性について− 大分県産業科学技術センター平成13年度研究報告 pp.144-149 (2001).

H山本展久,水江智子,佐野一成,高野 済,宮本安紀子,上野洋子,工藤恭子,望月 聡:大分県産ハーブ類を用いた機能性食品の開発に関する研究 大分県産業科学技術センター平成13年度研究報告 pp.156-161 (2001).

《学会発表》

@望月 聡,上野将之,安藤正史,岡田空太,塚正泰之,牧之段保夫:脊髄破壊による致死方法がマサバの死後変化に与える影響響 平成14年度日本水産学会大会 2002.4

A望月 聡,梅木美樹,酒井謙二,森 正嗣,中村仁計:高温好気発酵による廃棄養殖魚の動物用飼料としての有効利用の可能性 平成14年度日本水産学会春季大会 2002.4

B佐藤健司,倉田明枝,田代 操,安藤正史,望月 聡,中村考志,大槻耕三:抗マサバV型コラーゲン抗体の作成 平成14年度日本水産学会大会 2002.4

C林  圭,外薗秀樹,大森俊郎,望月 聡:エタノール誘発慢性肝障害モデルラットにおける発酵大麦エキスの影響 第56回日本栄養・食糧学会大会 2002.7

D梅木美樹,大上和敏,酒井謙二,望月 聡:セロビオースと乳酸菌KY−3の同時摂取がラットの消化管機能ならびに脂質代謝に及ぼす影響 第7回食物繊維研究会学術集会 2002.11

E梅木美樹,望月 聡,林  圭,大森俊郎:発酵大麦ファイバーがラットの消化管機能と脂質代謝に対する影響 第7回食物繊維研究会学術集会 2002.11

F石川直洋,溝手朝子,山本展久,望月 聡:ハーブ抽出液がHelicobacter pylori の行動に及ぼす影響 第17回日本香辛料研究会学術講演会 2002.11

G梅木美樹,酒井謙二,望月 聡,白井義人,吉宗一晃,森口充瞭:生ゴミからのポリ乳酸製造において副生する乳酸菌体の有効利用 第9回日本生物工学会 2002.12


平成13年度

《論文》

@望月 聡:「関サバ・関アジ」のおいしさの秘密 伝統食品の研究 Vol.22 12-17 (2001).

A望月 聡,宮本安紀子,萩原美和子,竹嶋直樹,大森俊郎:オロチン酸投与によるラット脂肪肝に対する大麦焼酎粕の抑制効果 日本醸造学会誌 96, 559-563 (2001).

BM.Ando, M.Joka, S.Mochizuki, K.Satoh, Y.Tsukamasa, and Y.Makinodan : Influence of death struggle on the structural changes in chub mackerel muscle during chilled storage Fishries Science 67, 744-751 (2001).

C安藤正史,望月 聡:魚類筋肉の貯蔵温度と鮮度変化〜「関サバ」における氷蔵と冷蔵の比較 アクアネット Vol.4 (9) 36-39 (2001).

D山本展久,水江智子,佐野一成,高野 済,宮本安紀子,望月 聡:大分県産スウィートバジルの抗酸化性に関する研究(第3報)−in vitro, in vivoにおける脂質代謝に及ぼす影響− 大分県産業科学技術センター平成12年度研究報告 pp.162-167 (2000).

《学会発表》

@望月 聡,甲斐千晴,大神彩子,高松伸枝,浅井明美,安部和智:ラットの脂質代謝に対するスッポンの影響 平成13年度日本水産学会春季大会 2001.4

A大石恵司,安藤正史,望月 聡,山根昭彦,塚正泰之,牧之段保夫:マサバ筋肉の構造変化に関する研究W 氷温貯蔵による軟化現象の遅延効果 平成13年度日本水産学会春季大会 2001.4

B望月 聡,宮本安紀子,大神彩子,甲斐千晴,大島孝平,田中寿一,竹嶋直樹,大森俊郎:ガラクトサミン誘発肝障害ラットにおける大麦焼酎粕影響 第55回日本栄養・食糧学会大会 2001.5

C人見英里,磯部マサミ,中村久美子,西原 瞳,望月 聡,佐々木勇,中野昌俊:肝障害ラットに対するルイボスティー投与の影響 第55回日本栄養・食糧学会大会 2001.5

D岡田空太,安藤正史,大石恵司,望月 聡,塚正泰之,牧之段保夫:マサバ筋肉の構造変化に関する研究X 筋細胞の構造変化に及ぼす貯蔵温度の影響 平成13年度日本水産学会近畿支部前期例会 2001.7

E池辺 剛,小手川励人,望月 聡:醤油粕の機能性に関する研究(第一報)醤油粕の摂取が生体に及ぼす影響 日本醤油研究所第54回研究発表会 2001.10


平成12年度

《著書》

@望月 聡:家庭・技術科重要用語300の基礎知識<重要用語300の基礎知識10巻> (福田公子,間田泰弘 編)明治図書出版(東京)(2000).

《論文》

@望月 聡:「関サバ」の美味しさの科学 アクアネット Vol.3 (7) 24-29 (2000).

A望月 聡:養殖魚の品質に対する致死条件と貯蔵温度の影響 養殖 37,(9) 53-56 (2000).

B望月 聡:マサバ筋肉の軟化に影響を及ぼす種々の条件とコラーゲンの変化 日本水産学会誌 66, 906-907 (2000).

C望月 聡:関サバ・関アジの品質管理とブランド化について 調理食品と技術 6,165-172 (2000).

D山本展久,水江智子,佐野一成,高野 済,望月 聡:大分県産スウィートバジルの抗酸化性に関する研究(第2報)−抗酸化性ポリフェノール成分の検索− 大分県産業科学技術センター平成11年度研究報告 pp.180-185 (2000).

《学会発表》

@山本展久,水江智子,佐野一成,高野 済,清水成美,望月 聡:大分県産スウィートバジルの抗酸化性に関する研究 第44回日本農芸化学会大会 2000.4

A望月 聡:マサバ筋肉の軟化に影響を及ぼす種々の条件とコラーゲンの変化 平成12年度日本水産学会春季大会ミニシンポジウム 2000.4

B望月 聡,佐藤真由美,佐藤公一,安部和智,樋田宣英:養殖ブリの死後変化に対する貯蔵温度と致死条件の影響 平成12年度日本水産学会春季大会 2000.4

C日高俊次,佐藤真由美,望月 聡,竹嶋直樹,大森俊郎:アワビ飼料としての焼酎粕の有用性 平成12年度日本水産学会春季大会 2000.4

D小川 博,望月 聡,目黒忠道:タウリンがクロレトン誘導高コレステロール血症ラットの脂質代謝に及ぼす影響 第54回日本栄養・食糧学会大会 2000.5

E望月 聡:関サバ・関アジの品質管理とブランド化について 日本調理食品研究会平成12年度年次大会 2000.5

F望月 聡,佐藤真由美,佐藤公一,安部和智,樋田宣英:致死条件ならびに貯蔵温度が養殖ハマチの品質に及ぼす影響 平成12年度水産庁中央水産研究所水産利用加工研究推進全国会議 2000.6

G大石恵司,安藤正史,望月 聡,塚正泰之,牧之段保夫:マサバ筋肉の構造変化に関する研究U 熊野沖産マサバの死後変化 平成12年度日本水産学会近畿支部会 2000.7

H望月 聡,宮本安紀子,大神彩子,甲斐千晴,大島孝平,田中寿一,竹嶋直樹,大森俊郎:ガラクトサミン誘発肝障害ラットにおける発酵大麦エキスの影響 平成12年度日本醸造学会大会 2000.9

I大石恵司,安藤正史,望月 聡,佐藤真由美,塚正泰之,牧之段保夫:マサバ筋肉の構造変化に関する研究V マサバ筋肉の軟化現象に及ぼす貯蔵温度の影響 平成12年度日本水産学会秋季大会 2000.9 


平成11年度

《著書》

@坂口守彦,望月 聡,村田道代,横山芳博:魚博士が教える 魚のおいしさの秘密 はまの出版(東京)(1999).

《論文》

@高松伸枝,望月 聡,樋田宣英:漁獲時期の異なる天然・養殖鮎を用いた鮎うるかの熟成に伴うエキス成分の変化−第1報 非タンパク態窒素及び核酸関連物質− 学校法人後藤学園研究紀要 1, 53-60 (1999).

A望月 聡,上野洋子,佐藤公一,樋田宣英:マサバ筋肉の死後変化に及ぼす致死後の貯蔵温度の影響 日本水産学会誌 65, 495-500 (1999).

BH.Ogawa and S.Mochizuki:Hypocholesterolemic effect of Kabosu Juice Residue in stroke-prone spontaneousely hypertensive rats fed a cholesterol diet Clin. and Exp. Hypertension 21, 484-485 (1999).

C山本展久,水江智子,佐野一成,高野 済,望月 聡:大分県産スウィートバジルの抗酸化性に関する研究 大分県産業科学技術センター平成10年度研究報告 pp.181-184 (1999).

D山本展久,水江智子,佐野一成,高野 済,望月 聡:大分県産スウィートバジルの乾燥法の検討 大分県産業科学技術センター平成10年度研究報告 pp.185-187 (1999).

E小川 博,望月 聡:クロレトン誘導高脂血症とタウリン添加効果 タウリンの栄養・生理機能に関する研究抄録集(10)pp.30-35 (1999).

《学会発表》

@安藤正史,城下昌生,望月 聡,佐藤公一,塚正泰之,牧之段保夫:マサバ筋肉の構造変化に関する研究−T 致死条件の違いによる影響 平成11年度日本水産学会春季大会 1999.4

A佐藤健司,浦辻昌吾,佐藤真由美,望月 聡,佐藤公一,中村考志,大槻耕三:致死条件の異なるマサバ筋肉コラーゲンの氷蔵による変化 平成11年度日本水産学会春季大会 1999.4

B佐藤真由美,望月 聡,佐藤公一,佐藤健司,浦辻昌吾,中村考志,大槻耕三:氷蔵中のマサバ筋肉X型コラーゲンに及ぼす致死条件の影響 平成11年度日本水産学会春季大会 1999.4

C小川 博,梶原沙織,小野淳子,望月 聡:クロレトンがラットの脂質代謝に及ぼす影響 第53回日本栄養・食糧学会大会 1999.5

D望月 聡,梶原沙織,小野淳子,小川 博:カボス果汁粕がクロレトン投与ラットの脂質代謝に及ぼす影響 第53回日本栄養・食糧学会大会 1999.5

E小川 博,目黒忠通,梶原沙織,小野淳子,望月 聡:カボス果汁粕はクロレトン誘導高コレステロール血症ラットの脂質代謝にいかなる影響を及ぼすか(SHRSPを用いて) 第53回日本栄養・食糧学会大会 1999.5

F望月 聡,宮本安紀子,萩原美和子,竹嶋直樹,大森俊郎:発酵大麦エキスがオロチン酸ラットの脂質代謝に及ぼす影響 第53回日本栄養・食糧学会大会 1999.5

G安藤正史,城下昌生,望月 聡,佐藤公一,塚正泰之,牧之段保夫:致死条件がマサバ筋肉の物性と構造に及ぼす影響 平成11年度日本水産学会近畿支部会 1999.7

H小川 博,望月 聡:高脂血症誘導SHRSPにおけるカボス果汁粕の脂質代謝改善作用 第12回夏期コレステロール研究会 1999.7

I小川 博,望月 聡:生体異物投与により誘導される高コレステロール血症とカボス果汁粕によるコレステロール代謝改善作用(SHRSPを用いて) 第34回SHR学会総会 1999.8

JH.Ogawa and S.Mochizuki : :Effect of Kabosu juice precipitate on lipid metabolism in the stroke-prone spontaneously hypertensive rats. 8th Asian Congress of Nutrition 1999.8

K望月 聡,宮本安紀子,萩原美和子,竹嶋直樹,大森俊郎:オロチン酸投与ラットにおける発酵大麦エキスの脂肪肝生成抑制作用 平成11年度日本醸造学会大会 1999.9

L望月 聡:関さば関あじのおいしさの秘密 第32回伝統食品に関する講演会 1999.10

M望月 聡:なぜ「関アジ・関サバ」が美味しいか 平成11年度マリンバイオテクノロジー学会懇談会 1999.11

N望月 聡:科学の目で見たさかなの鮮度について 平成11年度やさしいバイオセミナー講演会 1999.11


平成10年度

《論文》

@高松伸枝,望月 聡,樋田宣英:大分県で生産されている鮎うるかの脂肪酸組成 九州福祉衛生専門学校研究紀要 2, 47-52 (1998).

A望月 聡,乗田嘉子,前野久美子:マアジ筋肉の死後変化に及ぼす脱血の影響 日本水産学会誌 64, 276-279 (1998).

B山本展久,水江智子,望月 聡:大分産スウィートバジルに関する研究 大分県産業科学技術センター平成9年度研究報告 pp.122-125 (1998).

C小川 博,望月 聡,目黒忠通:カボス果汁粕がコレステロール添加食飼育脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)の脂質代謝に及ぼす影響 日本栄養・食糧学会誌 51, 273-278 (1998).

D高松伸枝,望月 聡:大分県における「鮎うるか」の特徴について 日本食生活文化調査研究報告集 15 pp.1〜27 (1998).(財)日本食生活文化財団

《学会発表》

@佐藤公一,望月 聡,佐藤真由美,樋田宣英:マサバ筋肉の死後変化に対する魚体の冷却条件の影響 平成10年度水産庁中央水産研究所水産利用加工研究推進全国会議 1998.6

A山本展久,水江智子,古江国昭,高野 済,石橋眞弓,望月 聡:大分県産スウィートバジルの香気成分およびその抗酸化性に関する研究 日本食品科学工学会第45回大会  1998.8

B小川 博,望月 聡:食餌性高脂血症を誘導したSHRSPにおけるカボス果汁粕の脂質代謝改善作用 第34回SHR学会総会 1998.10


平成9年度

《論文》

@望月 聡,前野久美子,乗田嘉子:巻き網によって漁獲されたマアジ筋肉の死後変化に対する致死方法の影響 大分大学教育学部研究紀要 19, 143-147 (1997).

A望月 聡,前野久美子,乗田嘉子:首折りによって致死させたマアジ筋肉の死後変化 日本水産学会誌 63, 396-399 (1997).

B望月 聡,山元亜弥子:カボス果汁のエタノール沈澱画分がマウスの脂質代謝に及ぼす影響 大分大学教育学部研究紀要 19, 403-406 (1997)

《学会発表》

@日高俊次,望月 聡:クロメと配合餌料の組み合わせによる給餌がエゾアワビの成長並びに体成分に及ぼす影響 平成9年度日本水産学会春季大会 1997.4

A望月 聡,上野洋子,佐藤公一,樋田宣英:夏期に漁獲されたマサバ筋肉の死後変化に対する貯蔵温度の影響 平成9年度日本水産学会春季大会 1997.4

B望月 聡,上野洋子,佐藤公一,樋田宣英:致死直後の魚体の冷却条件がマサバ筋肉の死後変化に対する影響 平成9年度日本水産学会春季大会 1997.4

C中川靖枝,原島恵美子,辻啓介,藤本乃布子,足立玲子,望月 聡:フノリ,カボスがマウスの血清脂質とコレステロール胆石形成に及ぼす影響 第51回日本栄養食糧学会大会1997.5

D望月 聡,藤本乃布子,足立玲子,辻啓介,原島恵美子,中川靖枝:カボス果汁のエタノール沈澱画分がSHRの血圧ならびに脂質代謝に対する影響 第51回日本栄養食糧学会大会 1997.5

E佐藤公一,望月 聡,上野洋子,樋田宣英:マサバ筋肉の死後変化に対する貯蔵温度の影響 平成9年度水産庁中央水産研究所水産利用加工研究推進全国会議

F望月 聡,前野久美子,乗田嘉子:マアジ筋肉の死後変化に対する絶食の影響 平成9年度日本水産学会秋季大会 1997.9

G望月 聡,上野洋子,佐藤真由美,佐藤公一,樋田宣英:マアジ筋肉の死後変化に対する致死後の貯蔵温度の影響 平成9年度日本水産学会秋季大会 1997.9


平成8年度

《論文》

@高松伸枝,樋田宣英,望月 聡:鮎うるかについて 伝統食品の研究 16, 36-40 (1996).

A望月 聡,佐藤安岐子:マサバおよびマルアジ筋肉の死後変化に対する致死条件の影響 日本水産学会誌 62, 453-457 (1996).

B望月 聡,植木理加,樋田宣英:貯蔵中におけるマサバ筋肉のポリアミン量の変動 大分大学教育学部研究紀要 18, 275-279 (1996).

C高松伸枝,望月 聡,樋田宣英:全国で生産されている鮎うるかの製法および一般成分 九州福祉衛生専門学校研究紀要 1, 57-67 (1996).

D清末美佐子:大分県南部地方のごまだし 伝統食品の研究 17, 55-56 (1996).

E望月 聡,山元亜弥子,高橋美香:カボスがラットの血清および肝臓コレステロールレベルに及ぼす影響 日本栄養・食糧学会誌 49, 331-336 (1996).

F望月 聡,山元亜弥子,高橋美香:カボス果汁のエタノール沈澱画分がラットのコレステロール代謝に及ぼす影響 日本栄養・食糧学会誌 49, 337-341 (1996).

《学会発表》

@日高俊次,望月 聡:エゾアワビ未成貝の成長と体成分に及ぼす飼料の影響 平成8年度日本水産学会春季大会 1996.4

A山元亜弥子,高橋美香,望月 聡:カボスのコレステロール低下作用 第50回日本栄養・食糧学会総会 1996.4

B望月 聡,上野洋子,佐藤公一,樋田宣英:マサバ筋肉の死後変化に対する貯蔵温度の影響 平成8年度 日本水産学会秋季大会 1996.10

C望月 聡:マウスの胆石形成ならびに脂質代謝に対するカボス果汁粕の影響 第43回日本家政学会九州支部大会 1996.10


平成7年度

《論文》

@望月 聡,高橋美香,山元亜弥子:カジメの耐糖性改善効果 日本水産学会誌 61, 81-84 (1995).

《学会発表》

@望月 聡,前野久美子,乗田嘉子:マアジ筋肉の死後変化に及ぼす致死方法の影響 平成7年度日本水産学会春季大会 1995.4

A山元亜弥子,高橋美香,望月 聡:カボスのコレステロール代謝に対する影響 第49回日本栄養・食糧学会総会 1995.5

B望月 聡:アユうるかの成分と熟成 第28回水産物エキス研究会 1995.9

C高松伸枝,麻生智美,樋田宣英,望月 聡:全国で生産された鮎うるかの成分 平成7年度日本水産学会秋季大会 1995.9

DMochizuki S.and Yoshida A:Eflects of Ethanol and Polychlorinated Biplenyls on Ascorbic Acid Metabalism 7th Asian Congress of Nutrition 1995.10

E望月 聡:関サバ・関アジ-その活きの良さの科学 第42回日本栄養改善学会 文化講演 1995.10


トップページへ